「飲む」のが仕事?

8日土曜日。

この日は、快楽亭の会があるはずなのだが、午前中に自宅を出る気力が湧いて来ず、この日はパス。

『直虎』再放送も、今回は「本放送」をみたということもあって、再放送を見ることもあるまいとパス。なぜか、甲子園予選神奈川県大会をかけっぱなしにして(そう真剣にはみない)、ネットをいじったりツムツムをやったりして時間を潰す。

テレビ局も番組名を忘れたが、吉田鋼太郎のライフストーリーを追った番組がなかなか面白かった。

18:00 BABYMETAL大阪公演のチケットが「外れた」通知が来る。ま、そうでしょうな。

実は、この日はSMジョシの単行本の「初稿ゲラ戻し」があがってくる日ということで、当初はISジョシから「待機してくれ」と言われていたのだが、結局、私は「いなくてもいいだろう」という判断になったようで、「終わってから中野で飲むので付き合ってくれ」と言われる。問題は、その終了時間が読めないこと。

まあ、先に中野で飲んで時間を潰し、呼び出しがあったら、合流するということにしよう。

ということで、19:30ごろ中野に向かう。この日はWOWOWで20:00から『シンゴジラ』が放送されるので、それをみるという手もあるのだが、日曜日の昼に『再放送』されることがわかっているので、中野T店に行くことにしたのだ。実は、この日はS子ママの誕生日。前日、『明日も来てくれ』と言われていたのだが、「いや、仕事があるから来れない可能性が高い」と言っておいた。その仕事がなくなったので、誕生セレモニーに参加することにしたのだ。

こういう時は、ケーキを買ってくる人とか、ワインを持ってくる人とかがいるので、「お相伴」にあずかれるのだ。私は特に何も用意してはいないが、まあ、顔を出すことに意義があるのだろう。

ケーキにロウソク立てて、みんなで乾杯。

吉田拓郎の『いくつになってもHAPPY BIRTHDAY』を歌ったりして時間を潰す。

結論から言えば、ISジョシから「中野に着いた」という連絡が来たのは23:40ごろ。

「じゃあ、この前のメキシコ酒場に行こう」と決め、T店を出てそちらに向かう。しかし、無情にも「0:00で閉店です」、という意外な展開。「残念」と店を出たところで、ISジョシとSMジョシがやってくる。仕方がないので、「別の店を探そう」ということになり、結局は、普通の居酒屋に落ち着く。

2時間ほど飲酒。二人は、ここが「飲み始め」なので元気だが、個人的には6時間飲みっぱなしなので、さすがに飲み疲れた感じ。

早稲田通りでタクシーに乗り込むSMジョシを見送り、ISジョシと中野通りを北上、マンション前で別れた後は沼袋の自宅まで一人で徒歩帰宅。

さすがに飲みすぎた。帰宅即就寝。